FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間成分表示

とうに動物としては子供を産める成体にはなっているが、

産んだが育てられぬ人工飼育のゾウやイルカのように、

母性が未だ芽生えぬのか。ただ単に教育の不足か。

自分の腹の中に子供が宿ってムクムクと大きく育ち、

一人の人、人格として世に生まれ出でるなどと、

何度想像したところで妄想に余る。

友人が第一子、第二子と子供を世に誕生させるにつけ、

容姿や体格の差にびっくりするが、やはり興味が湧くのは性格や素質である。

わたしは3歳の時に四国八十八カ所参り・総本山高野山参拝を祖父祖母と済ませており、

驚異の親離れ資質を発揮している。

同年代の子供と集団で遊ぶことを得意とせず、昆虫採集や工作などを好んでおり、

かといって妖精が見えたり絶対音感があるなどと特別なことはなく、

ごく普通の地味な子供であったわけだが、

成人した今もそれほど変わっていないのだから生まれ持った資質というのは

個人の性質、生き方の根本になるものであって、人生を決定づけるものであるなぁ。

と感じている。

友人の子供たちと接すると、生後3カ月くらいから個人の性格が感じられて、

非常に興味深い。

教育や経験によって人間はできていくものだ。

と思っていたけれど、やはり「持って生まれた個人」にどんどん上書きされるのであって、

大人になったから、ここではないどこか、に今は見ぬ自分が居る訳ではなく、

今ここに居る自分に全てはあるのだな。と思う。

パウロ・コエーリョだな。



自分はどういう人間か。ということが非常に漠然としており、

有耶無耶と分析してみたりはするものの、

釈然としないものがあった。

こうゆう人間になりたい。

こうゆう人物になりたい。

そういう憧れに程遠い自分を隠し、無かったことにして、

あたかも他人の人生を歩んでいるようであったが、

どんなに残念でも自分を受け入れなければ自身の道は歩けない。

遠巻きに女の子達が楽しそうにオママゴトをしている様子を、

折り紙でお財布を作りながら一人眺めている自分は、

あんな風になりたいけれど、そうすることは苦痛であることを知っている。

この矛盾している事態を解決できずに過ごした時期は苦しかったし、

何が好きで何が嫌いかも分かっているけどあやふやで、

周囲に合わせてみたり拒絶してみたり、大変忙しい心模様だった。



大人になるということは、諦めることだ。と思う。

諦めることは、捨てる。ことであり、捨てることは、

許す。ということであると思う。

子供じみた幻想や憧れが靄となってたちこめていた脳内は、

諦めて、捨て去って、そんなこんな全てを許すことで晴れ渡り、

雨上がりの坂道を登り切り、急に眼下に現れた

露に濡れ夕焼けに照らされてきらめく美しい家々や水田のように、

懐かしく温かい、ずっと知っている景色の中の、ありのままの自分を映し出す。



唯一無二であれ。

と説かれた世代は、同じ制服を着、同じ教科書で学び、同じモノだらけの学校で

どう突出するかに悩み、成人してからも人と違うことをしなければならぬ強迫観念に襲われ、

とるに足りぬ平平凡凡とした自分に幻滅する。

芸術をかじった自分は、突出した個性を求められたし、

出来得る限りの考えと技術でひねり出した作品に対し、

「どこがいいの?なんでこんなもの描いたの?」

と心臓ごと叩き潰されるような酷評に何度もあえば

作品どころか生きていることさえも否定されているように思う。

現に作品は力量と感性ごと自分自身であるし、心から良いと思って描いたものを

一切認められず、それが長きに渡れば耳も切り落としたくなるのも頷ける。

ただそこまでの狂気があれば作品に滲み出るもので、死後であれ認められるのであろうが、

自分にそこまでの激情は無いし、爆発を演じる器量もない。


自分のことを変人と思っていたが、変人だと感じている時点で変人では無い。

本意気の変人は自分を変人と思わず普通に過ごしているし、

それこそが真の脅威である。



人間成分表示

あれば便利なのに。

台風で時間が空いたらいろんなこと考えた、秋の夕暮れ。





写真をパソコンに取り込む。という問題が解決の兆しを見せないので、

倉敷意匠のホームページから拝借いたしました。。。

いろいろ入荷しています!

とっても可愛いです*

どうぞお時間がございます時にゆっくり見にいらしてくださいませ*





マスキングテープ

マスキングテープ2

薄紙

薄紙2
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

ミノムシ!!!笑

やっほー!
ミノムシかわいそうなことしたよね!笑
でもド派手で可愛いかったよね!笑
割と貧相でツルッとした黒い虫が出てきてびびったんよね。笑

慎君と供に魚に懺悔せなかんし、
小さな生き物諸君にはほんとお世話になって・・・笑

なんか思い出したらまた書こわい^^

お店様変わりしとるよ!
またファミリーでおいでー^^*

これぞ才能とセンス

こんにちは(・ω・)ノ
3歳で88か所参りしたとは、すごすぎるね!!
そういや子供のとき、みのむし🐛のミノをきれいにのけて、折り紙を小さく切り刻んだものと、ミノをはがされた虫をいれておいたら、折り紙を体にまとったカラフルなミノムシ
になった!!のを、まいこちゃんに見せてもらったような記憶があります( ´ ▽ ` )ノ笑
子供って同じ親で同じ環境でも全然性格ちがうし、持って生まれた性質も大きいんだろうね!
まいこちゃんの絵は昔から好きでしたが、最近この日記を読ませてもらって、文章も上手やなーと思いますよ!私文章読むの好きなけん、なるほどなーとか色々思いながら、楽しませてもらってます。早くリニューアルしたお店いかないかんね🌟
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

KIKO&YVAN

Author:KIKO&YVAN
 cafe KIKO&YVAN
  since2011

愛媛県西条市野々市84-1
TEL/FAX 0897-57-8988
OPEN 11:00~18:00
CLOSE 火・水・木

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。